top of page

脱毛後の赤みはなぜでるの??

光脱毛照射後は、お肌に赤みが出る可能性があります。

当店では、なるべく赤みが出ないよう十分な冷却機能が備わった脱毛機を使用しておりますが、やはり赤みがでる可能性は否めません。

では、その際はどのように対処したら良いのでしょうか。




脱毛後に赤みが出る原因


光脱毛の照射光は、照射時に光から熱へとかわります。


施術後に赤みが出るのは、照射時の熱が皮膚の内部にこもったことにより、軽い炎症を起こることが原因とされています。

特に、毛が密集し強く太い毛の部位は炎症が起きやすいです。

男性のヒゲ、VIOなどがあげられます。


また、炎症がひどくなると毛のう炎という膿みを持った白ニキビのような症状になることもあります。

そのほとんどが1週間ほどで自然と治りますが、やはり気になる方は、薬局等で毛のう炎のお薬をお買い求めいただくことをオススメします。


脱毛後の対策


赤みがある箇所を冷やす

脱毛後に赤みがひかない場合は、皮膚内部に熱をもった状態であることがほとんどです。

清潔な冷やタオルや保冷剤などで患部を冷やすことで症状の緩和につながります。


保湿をする

脱毛後の肌は乾燥し、バリア機能が失われている状態です。

保湿性の高い化粧水や乳液、ボディローションを塗り肌の潤いを保つようにしましょう。

常に肌が保湿されている状態は、脱毛効果も高めてくれるので習慣にすると良いでしょう。



いかがでしたでしょうか。

脱毛は、日焼けと乾燥が大敵です。

特に男性は、日頃のスキンケアを怠る方が女性と比べても少ないです。

肌に潤いを与えることで脱毛とは相性が良いので頑張っていきましょう!!






Commentaires


bottom of page